妻に不満のない夫は少ない

101divorceparenting_夫婦人生における最大級のイベントといえば結婚です。あらゆる障害を乗り越え、ついに結婚したはずの男性が、その最愛の相手に不満を抱くなんてこと…実は意外と多いのです。

結婚後、妻に対する不満を抱えている男性は、6割を越えていると言われます。
その内容は、金銭感覚や経済面にかかわる事、子育てや家事、宗教や習慣、さらには妻の外見や行動に対するものと本当にさまざまですが、中でも代表的なのが「嫁姑問題」のような家族に関するトラブルです。

一つ言えることは、わきがのトラブルを解消する方法は一つでは無いということです。その代表的な施術方法がシェービング法と呼ばれるワキガ治療法なのです。

結婚後同居することになった両親と妻の仲が悪く、その仲裁を求められることがストレスというのは頻繁に聞かれる事例です。そもそも裁判でもない限り、大人同士トラブルに他の大人を介在させるというのは通常の社会生活ではありえませんが、「大人なんだから自分のことは自分で解決」という一般常識が、このテの問題ではまかり通らないようです。
夫に不満を感じてしまう妻
しかしこういった問題の多くは、マスコミや雑誌やワイドショーなどのあらゆるメディアで取り上げられており、結婚前に決め事として扱われていたり、一定程度の覚悟をもって臨む問題という意識が一般化するに従い、徐々に沈静化していきました。

その一方で最近大きな不満原因となり始めているのが、変化に対する意識の違いが生む軋轢です。

実は多くの男性が、程度の差こそあれ、結婚後にも独身時代の習慣を引きずる傾向があります。対して女性の多くが、結婚や出産にともない、大きな意識変化を起こす傾向があります。それが肉体的な方向に向けば、脂肪吸引という手段を用いる方も決して少なくないといえるのでは無いでしょうか。
そもそも結婚しようがしまいが人は変化し続けるものであり、その変化も受け入れていく中で、お互いの人生をより良いものにしていくというのが、結婚を含む共同社会生活の基本ではありますが、多くの男性にはその意識が希薄であると言えるのです。

そこで、最近の中国の結婚式を見てみると色々と面白いデータがでてきました。

さらに男性特有の傾向として、妻に「大好きだった頃の彼女」か「理想の妻へ変化した彼女」のどちらかを望むと同時に、「独身時代のままの自分自身」でありたいと願う傾向があり、これが非常に厄介です。

結婚すれば金銭面や生活の面で、多くの変化が生じるのは当然ですし、そこにお互いの協力で折り合いをつけていくというのが結婚生活の一面でもあるはずなのは理解していても、自分だけは独身時代となんら変わらない生活習慣や精神状態を保とうとする感覚を、多くの男性がどこかに隠し持っており、そのことが妻との生活面や精神面での衝突を生むことになり、不満の種となっていることも多々あるのです。