夫に不満がある理由

数々の苦難をのり越え、ついに理想の男性に巡りあい、ようやく結婚したはずだったのに、どうして夫への不満は絶えないのでしょう。

結婚した女性の実に8割近くが、夫に対してなんらかの不満を抱えているという調査結果があります。
引出物人気ランキング40 - ウエディングパーク クチコミ情報サイト

この数値は、新婚のカップルも、長年連れ添ってきた熟年夫婦も含まれているのですが、そのほとんどに不満の種がくすぶっているというわけです。

夫に対する不満で多いは、優しさが感じられなくなったとか、会話が少ない、すれ違いが多い、かまってもらえないといったものです。これは、結婚後の夫の変化に対する不満であり、よく「釣った魚にエサはやらない」という表現がされる状況です。

101divorceparenting_夫婦2また一方で、ギャンブルや夜遊びなど、独身時代の生活習慣をそのまま固持していることや、子育てや家事に消極的であることに対する不満も多く、これは結婚後に変化しない夫の態度に対する不満と言えます。

ここまで読んでお気づきの方は多いと思いますが、妻の夫に対する不満は、一方で変化を拒絶し、他方で変化しないことを拒絶しています。

要するに「結婚したんだから、二人で暮らしていく上で都合の悪いところは変化し、都合の良いところはそのままでいてほしい」という願望があるということです。

実は、夫となった男性の多くが、結婚後にもあまり大きな変化を求めない傾向があります。つまり根本的に「変化しない」という不満の種は抱えているということです。

さらに、たとえ結婚しなくても、多くのカップルは付き合い始めのころと全く同じではいられません。一緒に時間を過ごせば、あらゆることに「慣れ」が生まれ、二人の関係が変化していくのは避けられないことなのです。
引き出物 カタログギフト ギフト通販のベルメゾンギフト

ですから妻の「結婚前のままでいてほしい」という願望は、この際諦めるべきでしょう。そしてそれよりも、結婚して夫婦になろうが、子供が生まれようが、とにかく二人で長い時間を過ごしていけば、お互いに変化していくのは当然と考えた上で、その変化を自分のためだけではなく、お互いにとって「嬉しい」ことへと変えていく努力をしましょう。

誰だって、自分にとっても相手にとっても嬉しいことはしたいと思うのが人情です。自分だけが嬉しいことや、相手だけが嬉しいことは、その場しのぎにはなっても根本的な解決にはなりません。

結婚とは、夫婦になることとは、変化していくお互いを受け入れ、より良い関係を築いていく、本来はとても楽しいことのはずなのです。